本日のおすすめ『【FX初心者が絶対に見るべき動画 Part 3】口座選び 国内口座と海外口座の違いって?』等

資産を20倍にする ビットコイン投資 最新理論 海外進出企業総覧(会社別編)

実際に’億’を超える資産を仮想通貨で築いた投資家たちに習う「初の実践的仮想通貨投資本」2017年はビットコインを買って持っておくだけでも資産は20倍超に膨れ上がったもの。だが、2018年に入ってビットコイン価格は急落。誰もが儲かるバブル相場は終わりを告げた。ただし、仮想通貨が大きなチャ… 【ご注意ください!】・本コンテンツは冊子版の約2000ページを電子化したものです。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。・本コンテンツに社名等での検索機能はございません。目次・索引…

注目の情報『Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】』(トレーディングオフィス 富崎省吾)

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】

EUR/JPY(ユーロ円)を対象通貨とした追撃ポジショニングシステム
実際にプロのディーラーが用いる売買技術となり、トレンドが持続した場合、利益の最大化を図ることができます。
またトレンドが持続しない場合はポジションを積み増すことはありませんので、損失を最小限に抑えるという利点もあります。
追撃ポジションはポジショニング方法自体で「損小利大」を実現できるという優位性を持っており、当オフィスでも以前より注目していたトレード手法となります。
追撃ポジションのデメリットとして先に解説しましたように、トレンドが持続しない場合やマーケットがレンジを形成してしまった場合に損失を出してしまうことが挙げられます。
ヘッジングとはいわゆる両建てのことになりますが、買いポジションと売りポジションを同数量保有しますと、当然のことながら、その後マーケットが上下どちらに動いても損益は変わらず固定されたままとなります。
損益を固定させることから、実際にはポジションを切っていないにも関わらず、決済を行った場合と同じ状況を作り出すことができます。
つまりはヘッジングという売買技術をうまく利用すれば、無駄なロスカットを軽減させることが可能となるわけです。
本EAでは上記のような場合に「ヘッジング」により損益を固定させ、次のトレンド発生に備えることで無駄なロスカットを軽減させ、追撃ポジションのデメリット分を補います。
そして、ひとたびトレンドを捉えれば追撃ポジションにより集中的に利益を獲得します。

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】の公式サイトへ

一生お金に困らない! お金がどんどん増える本 これ1冊でふるさと納税のすべてが分かる本 2016年版

貯蓄1000万円女子の24時間忙しい人も今すぐできる貯めワザ満載【貯め方】老後破産を防ぐ3つの極… 大人気のふるさと納税を「日経マネー」が専門誌ならではの視点で解説した決定版。制度改正により…

おすすめはやはり『Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】』

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】

EAを選定する重要なポイントとして・運用失敗時に資金の大半を失ってしまうような過度のリスクを取らないロジック構成であることが挙げられます。
高リスクなロジックの代表格として・ナンピンを過度に繰り返すロジック・マーチンゲールを用いたロジックが挙げられるわけですが、本EAのロジックにはを採用していますので過度のリスクを取ることなく比較的安全な運用が可能です。
特にマーチンゲール型のシステムはリスク管理が難しく、1セットのトレードで全ての資金を失ってしまう場合もありますので注意が必要です。

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】の公式サイトへ