本日のおすすめ『FX秒速スキャルピング手法なら、シンプルな1分足ロジックなので、初心者でもスマホ片手に仕事の合間や通勤時間に遊び感覚で稼げてしまう』等

注目の情報『ロケットブレイクFX 2期』(株式会社ヒトリメシサポート)

ロケットブレイクFX 2期

損小利大の最高峰ともいえるロジック
通常、私は「ロケットブレイクFX」の手法を用いて、月々「数百万円」の収益を無理なく、ゆったりと、必要な分だけ取っています。
100万円の利益の月もありますし、11月のように600万円を超えてくる月もあります。
実際のところもっと取ろうと思えば取れるのですが、今の私に必要な利益だけを取っているという感じです。
後述しますが、私はかつて、FXを通じて「お金を稼ぐことそのもの」に執着し、とにかく利益を貪るだけ貪りたくて、しかし、なんとも不思議なもので、ロケットブレイクFXで「いつでも、いくらでも稼げる力」を得てからというものの、「どれだけたくさんの収益を貪るか」という思考ではなく、「獲得した収益で何をするのか」という思考に軸足が移るようになりました。
つまり、「何のためにFXでお金を稼ぐのか」を考え、目的を持ってお金に向き合うようになったというわけです。
結果、これまでとは考えられないくらいに物欲が無くなり、お金に対する執着心も、淡雪のように溶けて無くなりました。

ロケットブレイクFX 2期の公式サイトへ

勝てば「馬鹿デカい」利益、負けても「極小」損失。
それには大きな秘密が隠されています。
それは、「ロケットブレイクFX」の損切り幅は、注文時に、「勝ちトレード」は悠々と利益を狙い、「負けトレード」は1Pipsで極小損切りで次に備える、こんなことが可能なのです。
私は基本的に「100万通貨」でトレードをしているので、「損切り幅がもっと大きいのではないか」と思われる方もいるかも知れません。
いいえ違います。
しかし、残念ながらFX業者側で滑ってしまい、結果として損失幅が「1Pips」以上になっています。
FXをやる以上、業者側の「滑り」と共存しなくてはなりません。
でもご安心ください。
「ロケットブレイクFX」という手法は、そんな業者側の「滑り」などまったく気にならないくらいに、大きな利益をあげるための手法です。

ロケットブレイクFX 2期の公式サイトへ